またまた米国FBA手数料などが変更に 2017.01.09

タオバオ購入代行で、中国輸入ビジネスTry!



こんにちは!

桜トレードスタッフです。



お気づきの方も

いらっしゃったかと思いますが

昨年末に

米国アマゾンのセラーセントラルにて

FBA手数料・在庫保管手数料の変更が

発表されました。



新手数料は2017年2月22日より

適用されます。



昨年の10月に

手数料は実質アップしたばかり。



セラーとしては

うんざりしてしまいますが

内容は把握しておきましょう。



◆FBA手数料が統合されます

これまでOrder Handling fee,

Pick & Pack fee, Weight Handling fee

に分かれていたFBA手数料が統合され、

単一の「FBA Fulfillment Fee」として

チャージされるようになります。



例えば非メディア商品かつ

標準サイズ(小)の場合、

1~10月:現在は2.56ドル/個 から 2.41ドル/個
11-12月:現在は2.53ドル/個 から 2.39ドル/個



と、わずかに値下げとなりますが、

逆にオーバーサイズ(小)となると、


1~10月:現在は6.15ドル~/個 から 6.85ドル~/個
11-12月:現在は5.94ドル~/個 から 6.69ドル~/個



とやや値上げとなるようです。


2017.01.09(2)



◆在庫保管手数料が値上げされます

月に一度徴収される

Monthly Inventory Storage Fees が

標準サイズの場合、

1~10月:現在は0.54ドル/立方フィート から 0.64ドル/同
11-12月:現在は2.25ドル/立方フィート から 2.35ドル/同



と上がります。

オーバーサイズの場合は

変更がありません。


2017.01.09(1)


◆納品先指定が納品プランごとに可能に

納品先指定(Inventory Placement Service Fees)は

これまでアカウント設定で

一括して行う仕組みでしたが

2017年7月19日より、

納品プランごとに設定が

可能となるようです。



その際、アマゾンが指定した

倉庫数を一つ減らすごとに

手数料が細かく設定されました。



例えばアマゾンが3つの倉庫を

指定している場合、

それを2つにするか、1つにするかで

手数料が異なってくるようです。


2017.01.09


弊社では、

タオバオ買付代行のほか、

専門コンサルにて

こういった販売情報も

きめ細かく

お伝えしております。




アマゾン×タオバオ専門コンサル
http://sakuratrade.jp/consul/





7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら