使いどころに要注意!新機能「Automate Pricing」 2016.06.20

タオバオ購入代行で、中国輸入ビジネスTry!



みなさんこんにちは。

桜トレードスタッフです。



米国amazonのセラーセントラルに

新機能「Automate Pricing」

登場しました。


出品しているページの

「カート価格」あるいは

「最低価格」を基準にして、

自動的に出品価格を調整できる

機能です。



セラー歴が長い方には

ピンと来たかと思いますが、

これはamazon自身が

出品しているページで

利用してきた内部機能ですね。



また、セラーによっては

独自開発したツールで

同様の機能を利用しているようです。



例えば、

・カート価格が50ドルだったら
出品価格を49.9ドルに調整

・最低価格が50ドルを切ったら
出品価格を50ドルで維持


こういった操作を自動で行えます。



セラーセントラルの

「PRICING」プルダウンメニューから

アクセスできます。

Auto pricing

設定画面では、

・ルール名

・基準とする価格(カートあるいは最低)

・どれくらいの差をつけて調整するか
(価格あるいはパーセント)

・どのセラーの価格に適用するか


などを指定できます。

Auto pricing(2)

適用させたい商品を検索し、

右端の「Start repricing」を

クリックしたら設定完了です。

Auto pricing(3)

この機能により、

目視でカート価格・最低価格を

確認し、価格調整する作業が

自動化できることになります。



ただし、セラーとしては

なるべく価格の切り下げ以外で

カート保持率を維持したい

ところです。



他に手段が考えられる場合は

まずそちらを試してみることを

お勧めします。



弊社では

amazonでの安定販売に貢献する

さまざまな支援サービスを

提供しています。



OEM制作支援サービス
http://sakuratrade.jp/oem/

ブランド登録支援
http://sakuratrade.jp/usa_brand/





7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら