注意!やってしまいがちなセラーの禁止行為 2016.02.15

タオバオ購入代行で、中国輸入ビジネスTry!



みなさんこんにちは!

桜トレードスタッフです。


Amazonで商品を販売する際は、
Amazonが定めたルールを遵守する必要があります。


オンラインショップを運営する上で
常識的な活動をしていれば
それに抵触することはまずありません。

ただし、Amazonという販売プラットフォーム上では
さらに気をつけるべき点があります。



・外部サイトへの誘導
質問してきたユーザーや購入ユーザーに対し、
Amazon以外のサイトURLを掲載したメッセージを送ることはできません


・セラーセントラルを介さないコンタクト
質問してきたユーザーや購入ユーザーに対し、
個人的なメールアドレスを送信したり、それを利用しての直接コンタクトはできません


・報酬つきの商品レビュー・レーティング依頼
ユーザーの意思に委ねる形で依頼することは可能ですが、
報酬を設定しての依頼をすることはできません


などなど。



「もっと売りたい!」


ショップとしては当然の気持ちから、
ついついやれてしまうことばかりです。
しかし、もちろん違反すればアカウント停止や削除につながってしまいます!


気をつけましょう。



米国Amazonのセラーセントラルでは、2月2日に「セラーによる禁止行為」が
いくつかの追加点を含め、改めて告知されています。


こちらにも目を通しておくことをお勧めします。


2016.02.15 セラーとしての禁止行為に注意 金山


7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら