アマゾンの倉庫にロボットが続々と… 2015.01.11

タオバオ購入代行で、中国輸入ビジネスTry!

EC市場が右肩上がりで拡大しています。

それに伴い商品管理や配送作業も効率よくしていかなくてはなりません。

アマゾンのFBAはとても便利なサービスですが、
その一方でアマゾンの倉庫で働いている人の労働環境は非常に過酷にあるといわれています。

実際、アマゾンFBAを利用しているセラーの方で、
在庫数の間違いや返品商品の紛失など、
アマゾンによる業務不備の経験もあるのではないでしょうか!?
特に、米国Amazonでは、未入庫や紛失が多く発生します。

そんな時は、必ずセラーセントラルに未入庫のメールは必須です。
Amazon側からは、教えてくれませんので、、
また、申請をすると比較的、弁償をしてくださいます。

まあ、人間が作業しているので、ミスは仕方ないと思いますが…

そんなアマゾンの倉庫ですが、現在導入を進めているのが、
Kiva systems社の小型倉庫ロボットです。

この小型ロボットは、2年ほど前から徐々に導入がされており、
2014年には世界10箇所で1万5000台以上が稼動しており、
人件費が最大1000億削減できたともいわれています。

今後も導入が進み、
いずれすべての倉庫業務をロボットが処理する日も来るのでしょうか?

話題になった30分以内に商品を発送する「ドローン」もそうですが、 恐るべし、アマゾン!
この最先端の技術を利用しない手はないですね。

robot_400

7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら