中国の無人コンビニを初体験!

こんにちは!
桜トレードの艶(えん)です。

桜トレード深センオフィスの正面に
「無人コンビニ」ができたので、
早速行ってみました!



「無人コンビニ」というと、
最先端で、人の多い繁華街に
置かれているイメージですが、

この無人コンビニは、
ごく普通の道路沿いにあります。


早速体験してみましょう!

スマホのWechatアプリで、
ドアに貼られた2次元コードをスキャンし、
スマホ画面で「解鎖・開門」ボタンを押すとドアが開きます。

2 3

コンビニ内部は、2つのエリアがあります。
①支払いエリア
②商品エリア

外から入るとすぐ、電話ボックスのような
狭いエリアになっています。

ここは、「支払区」というエリアで、
商品の支払いを行う空間です。

4 5

商品が陳列されているエリアへ行くには、
外のドアを閉め、

スマホ画面上の「解鎖・開門」ボタンを
再度押して、中へ入るドアを開きます。

なお、
支払区には、一度に1人しか入れません。

前の顧客がこの空間に入ると、
次の顧客は外で順番を待つ必要があります。

コンビニ内部に入り、商品を選びます。

この無人コンビニの商品は、
基本的に中国商品で、
外国の商品はなかなか見つかりません。

商品の種類は、ドリンク、スナック、
お酒、たばこ等 普通の商品です。


6 7 8 9 10 11
今回は、中国で有名なドリンク
「王老吉」を一つ選びました。

12

次は会計をします!

まず商品エリアのドアを開き、
支払区に戻ります。

支払いはWechatを使います。
商品を「3D感応区」に置けば、
スクリーンに商品情報が
自動的に反映され、
お支払いの2次元コードも出てきます。

13

Wechatでその2次元コードを
スキャンすれば、すぐ支払い完了。

今回のドリンクは2.1元で、
通常の有人コンビニより
0.5元ぐらい安くなっています。

スマホのインターネットが
つながらない場合、
店内の無料WIFIを利用することができます。

会計が終わると、
ドアが開き外に出られます。

14

皆様も、深センにお越しの際には、
ぜひ無人コンビニを
体験してみてください(^^)/


そして、深センにはこのような、
最先端技術がいたるところにあります。

弊社の深セン、広州ツアーも、
もっと気軽に、便利に
お越しいただけるよう、
大幅リニューアルしております。

近日中にご案内させていただきますので、
お楽しみに(^^)/

7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら