お金持ちと貧乏人の思考 其の弐 2014.03.21

タオバオ購入代行で、中国輸入ビジネスTry!

前回は、、
貧乏人は、なぜ貧乏なのかというと、自分の時間を売っているからです。

自分の時間を売って、その時間の量に比例してお金をもらっています。

だから、忙しのです。

お金持ちは、お金で時間を買います。

だから、時間はあります。

という内容をお伝えしましたが、、

続きです。

創業者社長が絶対教えない、、
社員には絶対、言わない思考法!です。


あなたは、お金を貯めるのに、節約をして貯めますか?
答えは、無理です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【貧乏人】

貧乏人は「時給制の仕事」をするのが特徴です。

働く「時間」の量に応じて、お金を稼ごうとします。

あなたが今、時給制の仕事をしていれば、

大変申し上げにくいのですが、間違いなく貧乏になります。

一生、貧乏であることから抜け出せません。

もう一度言います!

一生、貧乏であることから抜け出せません。

なぜ時給で働く人がお金持ちになれないのかは、小学生でも分かります。

1日24時間しかないからです。

時給で働くとは「足し算の仕事」です。

たとえば、1時間あたり1,000円の時給だとします。

1時間働けば、1,000円。 2時間働けば、2,000円。

丸1日24時間働いたとしても、24,000円しか稼げません。

これが限界であり、上限なのです。

それ以上稼ごうと思っても、体は1つしかありませんから、仕事の掛け持ちはできません。

人間ですから、体力にも限界があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お金持ち】
お金持ちは、時給で働いても限界がある事実に、気づいています。

本当にお金持ちになる人は、お金をたくさん稼ぐために、時給制の仕事は避けます。

口には出して言いませんが

「足し算の仕事をしていても、稼ぐお金の限界が見えている」と思っています。

お金持ちは、「掛け算の仕事」をしようとするのです。

まず、お金で時間を買います。

買った時間で、本当の自分磨きをします。

磨いて輝いた自分にしかできない、世界でたった1つのオリジナルブランドを創ります。

一つできれば、100個でも1,000個でも販売はできます。

たとえば、1つの商品が10,000円だとします。

1人に売れれば10,000円の収入ですが、

100人に販売すれば、100万円です。

1000人は、1千万円です。
尚且つ、リアルショップでなくネットなら全世界の方へ販売できます。

時間も拘束されず、24時間営業です。

また、自分はメーカーになるので、

卸もできます。

あなたに代わって、一生懸命に販売までしてくださるのです!!

勿論!!利益率は半端ないのは想像できると思いますが、、、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後、あなたはどうしますか?

貧乏人思考で一生終わりますか?

人生一度!!金持ち思考で、行きますか?


タオバオ転売だけじゃない!

オリジナルブランド構築も、お手伝いできる桜トレードです ^^v

8605735679_dc98619486_b

7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら