【9月6日実施】商品名のせいでAmazonから検索対象外?!

タイトル:【9月6日実施】商品名のせいでAmazonから検索対象外?!


こんにちは、桜トレードです。

ハロウィン期間の販売において

無視できない利用規約変更があります。



◆Amazonの商品名ガイドラインに違反するASINは検索対象外となります


1


このルールが適用されるのは

【2019年9月6日以降】の

メディア以外のASINで

特定の条件に違反した場合です。



特定の条件は下記になります。


—————————–

1.商品名が200文字(スペースを含む)を超えている。

2.商品名にプロモーション用のフレーズが含まれている。例:free shipping、100% quality guaranteed

3.商品名に装飾用の文字が含まれている。例: ~ ! * $ ? _ ~ { } # < > | * ; ^ ¬ ¦

4.商品名に商品を特定する情報が含まれていない。例:hiking boots、または umbrella

—————————–


条件4について理解できなかったので、

アマゾンに問い合わせた結果、

タイトルには、商品を識別できる情報が

含まれている必要がある、ということです。


例えば、

傘の商品なら「傘」という文言を

タイトルに入れる必要があります。



実際に検索対象外になると、

セラーセントラルの在庫管理ページにある

[検索対象外タブ]で通知され、

具体的な理由が表示されます。



実施は9月6日以降なので、

ハロウィンの売上が順調な時に

検索対象外になる可能性も。。。


2


かなりの損をする前に、

事前に商品ページの見直しをすることを

お勧めいたします。



また、

実際に検索対象外になっても

ルール通りに変更し、

冷静に対処していきましょう。






Amazon新着情報引用:

https://sellercentral.amazon.com/gp/headlines.html?id=5260205802154823367&ref=nslp_all_1_5260205802154823367_ttl

※セラーセントラルにログインが必要です


7割以上のお客様が輸入・アマゾン販売の初心者です。
→ 詳細はこちら

アマゾン×タオバオ専用コンサルの儲けさす、コンサルも募集中!
→ 詳細はこちら

ゴールドラッシュ戦略! 中国×アメリカ 新たな輸入ビジネスへ
→ 詳細はこちら

アメリカアマゾンへの出店にはペイオニア口座が必要です。
→ 詳細はこちら